2015年07月13日

ヒロミ

★ヒロミが10年間テレビから
 消えていた理由を激白

「ヒロミが10年間テレビから消えていた
理由を激白」の記事が
平成27年7月13日午前5時に
ネット上に配信された。
7月20日(月)に放送される
「しくじり先生 俺みたいになるな・・・」に
出て、業界から姿を消した空白の
10年間を激白するらしい。

これを運勢的観点から説いて見る。

ヒロミ氏
1965年2月13日生
大運:逆行3年運
天徳:丁壬
羊刃:午
刑:寅巳

●四柱
1965:乙巳・正官・建禄・印綬
02月:戊寅・比肩・長生・偏官
13日:戊戌・  ・墓・比肩(魁罡日生まれ)

「最も多忙だった1997年ごろ、
週に10本のレギュラー番組を抱えていたヒロミ。
生意気なキャラクターで先輩の
大御所タレントたちをもビシバシと仕切り、
お茶の間を沸かせていた。
当時の最高月収は、なんとウン千万円もあった
という。果たして全盛期、
ヒロミはいくら稼いでいたのか…。」

「ところが2004年、
39歳の時にレギュラー番組がゼロに。
瞬く間に仕事がなくなり、
完全にテレビから姿を消すことになってしまった。」
の記事に対して

その時の行運は、
大運:乙丑・正官・ 養・敗財
2004:甲申・偏官・ 病・食神

 正官は社会的に成功する吉運、
偏官は人生の壁にぶつかる凶運、
2つ重なって財殺になり大凶。
官殺混雑の命であるヒロミ氏にとって、
努力が裏目に出やすい時期と言える。

2014年以降、テレビバラエティに本格復帰
(この情報はウィキペディアから)

その時の行運は、
大運:壬戌・偏財・ 墓・比肩
2014:甲午・偏官・帝旺・偏印

 偏財は金運が上がる吉運、
偏官は壁にぶつかり人生の転換期を表す凶運、
2つ重なって財官双美の大吉。
ただ官殺混雑の命を持つ人に偏官が回ってくれば
人生が荒れる大凶と捉えるのが基本である。
そして偏官に力を与える偏財が大運にあるので、
さらに偏官の力が増してトラブルが増すと
判断しかねない星の組み合わせと言えよう。

しかしこの年、吉運に働いた大きな要因がある。
それは寅午戌の完全三局(三合)で
印星が現れたことで、
凶星である偏官の悪い力を抜いて、
偏官の良い面を引き出したことである。

 テレビの放送は7月20日、
これからなのでどのように放映されるかわからないが、
運勢的な観点から見ると以上である。


ラベル:三局 偏官
posted by ほうしょう at 11:39| Comment(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。